9月7・8・9日 愛知・長野・山梨 3泊3日、車中泊遠征 1

昨年まで、北限のウラナミジャノメを求めて天竜川へ行っていたが、自分で見付けることが出来なかったので、今年は撮影されたポイントを聞き、愛知県まで足を延ばすことにした。

休みを1日増やし3連休にして万全の態勢で予定を組んだ。

6日、土曜の17時半ごろ出発。
この時の天気予報では7・8・9日と太陽は出そうもない。
それどころか、7日は雨の中を探す覚悟でいた。

いつものように下道で順調にスタートしたが、浜松に入るまでに2度も前が見えなくなるような豪雨に降られ、現地に着いたのは午前1時になってしまった。
ポイント近くのコンビニで朝を迎えようと思っていたが・・・・。
コンビニが無い!
仕方なく数キロ走ってコンビニで就寝。

朝までに何度か雨音を感じたが、目が覚めた6時にはほぼ止んでいた。
とりあえずポイントへ行って、カッパと長靴を身に着け、棒を持って出発。

雲が低く、薄暗いので最初から草を棒でガサりながら歩いた。
何もいない・・・。

最初はヒメウラナミジャノメだろうと予想してたが、何もいない・・・。

何か飛んだ!
セセリっぽい。

オオチャバネセセリだった。
画像

これは苦戦しそうだ。

自分の運を信じて進むだけ。
最悪、1度戻って午後にもう1度探すか・・・。なんて早くも考えていた。
それくらいの雰囲気なのだ。

次にいたのは
イチモンジセセリ
画像


撮らなくてもいいのだが、撮らないと気持ちがもちそうにない。

次はちょっと大きすぎ
ヒカゲチョウ
画像


ここからしばらく何も飛ばない時間が続く。
かなり歩いたが、イチモンジセセリ数匹とサトキマダラヒカゲを1匹見ただけ。
1度登った山を下りてみることにした。
下りながらも、ひたすら探して、下りてみたら目印が全く見えない山の裏。
仕方なく、来た道をまた登り、もう1ヶ所下りられそうなとこを下ってみた。
しばらく下りると今度は行き止まり・・・。
1ヶ所抜けられそうなとこで藪を掻き分けると、下に道が見える!

・・・・・・・・いたぁぁぁぁぁぁ~!!!!!

自分の顔の右斜め前、7~80cmくらいのとこに!
ちょこんと止まってる。
ヒメウラナミジャノメもいないのに。
こんなことって・・・・。

焦らず慎重に。
ウラナミジャノメ(初見初撮影)
画像


何枚撮っても同じ写真じゃしょうがない。
一か八か明るい方に向けて飛ばしてみた。
少し上に止まったが、何とか成功。
それも開いてくれた!
画像


もう1度飛ばしてみたが、更に上へ行ってしまい、the end.

たった2枚の写真だが、この為に300kmを7時間半かけて来たのである。
大満足です。

結局、下の道もヤバそうなので、来た道を戻ることにしました。
一応、草を叩きながら。
でも車に戻るまでに撮ったのは
画像

トノサマガエルだけ・・・。

車に着いたのが8時過ぎ、2時間も経ってないのに4時間くらい探したような疲れが・・・。
でも、良かった・・・・・。

さて、着替えて移動しよう。
最初の予定は、次に天竜川ツマグロキチョウクロコムラサキと思ってたが、長野で発生した外来のテントウムシがいることを知って、探してみることにした。
国道151号線に出て、北へ。
いいなぁ、この道。
日本を感じる。
また走ってみたくなる道だ。
そんなことより8時半を過ぎたころからちらほら青空が見えてきてる。
山へ入ると杉が多いが、下りに入ると広葉樹が多くなってきたので、少し止まって歩いてみた。
と言うのも、完全に晴れてきたからである。
とりあえず阿南町の蝶

クロヒカゲ
画像


ヒメキマダラセセリ
画像


イチモンジセセリ
画像


他には
トゲカメムシ
画像


茶色いフキバッタがいたので、撮ってみたら、もう1匹いた。
調べてみたらメスアカフキバッタ♀がこのような個体で、山地性であることから、ビンゴのようである。
画像

画像


ヒロバネヒナバッタ
画像


存在感のあるムシヒキアブがいたが、同定は時間がかかりそう。
画像


あと、面白い綺麗な花が咲いていたので撮ってみた。
植物図鑑を押入れのダンボールに入れっぱなしなので、まだ調べてませんが・・・。
画像

面白いでしょ?
右は花びら4枚なのに、左は5枚。
形的には別の花だよね!

再び走り出して。

こんなとこにも
画像

前に下北半島横浜の標識を見た時もニヤけてしまったが、遠征にはこんな楽しみもあるので、下道がいい。

途中、昼食休憩を入れて、午後にテントウのいそうなとこを何ヵ所か探したが見付からず。
このころ既に疲れから集中力が低下してたので、一気に山梨ミヤマシジミの確認に走った。

ポイント近くで
コウスバカゲロウ
画像


モンシロチョウ
画像


カワラバッタ
画像


ポイントへ行ってみたが、雰囲気がだいぶ変わってしまった。
以前たくさんいた辺りには全く見当たらない。
綺麗なミヤマアカネがいた。
画像


前回の確認でほんの少しだけいた辺りで探してみたら、綺麗な♀を発見!
ミヤマシジミ♀
画像

画像

別個体もいたので一安心。
以前のようにたくさん飛ぶように戻るのだろうか・・・。

ウスバキトンボがたくさんいた。
画像


視界に青く輝く何かが!
近づくと、オオセイボウだ!
それも今までで一番綺麗だ!
画像

なのに撮れたのはお尻だけ・・・・・。

一昨年あたりから探してるカミキリのいそうなとこへ行ってみた。
いなかった・・・。

花壇で黒い大きなハチが気になった。
たくさんいる。
画像

画像

画像

クロアナバチと言うらしい。

ここで
ジャノメチョウ
画像


最後に
オオチャバネセセリ
画像


初日はオオチャバネセセリで始まりオオチャバネセセリで終わりました。

天気も変わり、明日も大丈夫そうなので、朝一シルビアシジミの確認からスタート予定で、道の駅で朝までお休みです。

この記事へのコメント

まーく
2014年09月13日 00:00
300㎞7時間半… 2枚でも撮れてよかったですね。 なんか初夏の自分を思い起こします。
テントウがいてくれたら言う事なしでしたね。

クロアナバチ… 翌日の悲劇の子ですね
なつ
2014年09月13日 08:51
ウラナミ…会えてよかったです!!
開翅もちゃんとゲットしてて流石です(^^)v
白いお花…私も撮ったことが…アケボノソウ。
花びらは本当は5枚のようですね~!!
別々なら違う種類って言ってもいいくらいかも~
クロアナバチ…悲劇…気になるなぁ~(笑)
ゆたか
2014年09月13日 21:07
まーくさん
はい、ピンボケじゃなくてホッとしました。
もっと西の方へ行くようになれば普通に見られる蝶なんだけどね。
テントウはおまけみたいなもんなので、来年以降の楽しみにとっておきます。
たぶん何かのついでに見られちゃうと思います。
クロアナバチはまーくさんの好きな、~キリ系を狩って巣に運ぶらしいです。
ゆたか
2014年09月13日 21:15
なつさん
ありがとうございました!
おかげで1種類増やすことが出来ました。
生息地なのに、過程は奇跡的でした。
花はアケボノソウですか。
調べてないので後で検索してみます。
クロアナバチの悲劇は撮影してませんのでたのしくいこっかでご覧下さい。

この記事へのトラックバック